メキシコの誇る高級酒「テキーラ」、その魅力とは?-

原産地呼称が保証する高品質-メキシコの限られたお酒に許される「テキーラ」の呼称-

千差万別の豊かなテイスト-樽熟成とテロワールが織りなすテキーラの芳醇-

自由でユニークなボトル-見た目にも楽しい職人のハンドメイドなど-





皆さんはテキーラにどんな印象をお持ちですか?日本におけるテキーラの印象は、「盛り上がるために一気飲みするお酒」「アルコール度数の高い罰ゲームのお酒」「ショットグラスで提供される安いお酒」など残念ながらお世辞にも良いとは言えません。ところが、テキーラ唯一の生産国であるメキシコやテキーラ最大の消費国であるアメリカにおいては事情が異なります。テキーラは、メキシコが国家レベルで品質を保証し、原料や製法により変わるテイストや個性的なボトルデザインでセレブリティからも愛される美味しいスピリッツ(蒸留酒)です。

ジン、ウォッカ、ラムと並び世界4大スピリッツの1つに数えられながら日本ではよく知られていないメキシコの誇る高級酒「テキーラ」の魅力、本ページでは「原産地呼称が保証する高品質」「千差万別の豊かなテイスト」「自由でユニークなボトル」と題してその詳細を紹介しています。また、ページ末の付録として「テキーラの飲み方」を紹介しています。

原産地呼称が保証する高品質-メキシコの限られたお酒に許される「テキーラ」の呼称-

テキーラとは、メキシコのアガベ(アガヴェ)が原材料の蒸留酒「メスカル」のうち、テキーラ 5 州と称されるハリスコ州、グアナファト州、タマウリパス州、ミチョアカン州、ナヤリ州で製造されたものに限定された原産地呼称です。原産地呼称のお酒の例としては、フランスのシャンパーニュ地方の発砲ワイン「シャンパン」が有名です。 「テキーラ」の規定はメキシコの半官半民機関であるテキーラ管理評議委員会CRTにより厳正に管理されています。CRTに認定された製造者には製造者番号NOMが発行され、テキーラのボトルにはNOMを明記することが義務付けられています。このようにテキーラの高品質はメキシコが国家レベルで保証しています。

メキシコ合衆国のテキーラ5州

メキシコ合衆国テキーラ5州

「テキーラ」の規定

テキーラは以下の諸条件を満たしたものに限られています。
  • 1. テキーラ 5 州で育成されたアガベ・アスールを使用すること
  • 2. テキーラ 5 州とその周辺で蒸留されたものであること
  • 3. 原材料にアガベ・アスールを 51%以上使用すること
  • 4. 2 回以上蒸留すること
  • 5. 最終アルコール度数が 35%~ 55%の間であること
  • 6. 人体に有害なメタノールが 3mg/ml 以下であること
  • 7. 水以外に加える添加成分「メローイング」は 1%以下であること

日本においてメタノールは1mg/ml以下であることと、メキシコより厳格に規制されています。ただし、3mg/ml以下であればラベルに「製菓用」と但し書きを加えることによって輸入販売が許可されています。規定で許可されている添加成分は、カラメル色素、グリシン、天然オーク抽出物、糖蜜、香料等です。固形物の混入は認められないため、日本ではテキーラだと思われている芋虫(グサノ)や唐辛子(チレ)が入ったアガベ・スピリッツはメスカルです。

「100%アガベ・テキーラ」の規定

一般的にプレミアム・テキーラと呼ばれる100%アガベ・テキーラは、以下の諸条件を満たすものです。
  • 1. 原材料にアガベ・アスール以外のものを使用しないこと
  • 2. ハリスコ州(または生産現地)で瓶詰めしたものであること
  • 3. ラベルに「100% de Agave」と表示すること

原料にサトウキビ由来の糖分やアガベ・アスール以外のアガベ等を加えたテキーラをミクスト・テキーラ(Mixto Tequila)と呼びます。2012年現在の100%アガベ・テキーラとミクスト・テキーラの流通量の比は、メキシコ国内で2:1、全世界で1:1です。しかし、日本で流通するテキーラの多くはミクスト・テキーラです。当店はミクスト・テキーラを取り扱わない100%アガベのプレミアムテキーラ専門店です。

アガベ・アスールとは、数百種類ある竜舌蘭(リュウゼツラン)の 1 種であり、学名は「agave tequilana weber variedad azul」といいます。azul(アスール)はスペイン語で「青」を意味し、アガベ・アスールは英語ならばblue agave(ブルー・アガベ)と表記されます。 ハリスコ州原生の品種で 90%以上が同州内で生産されており、2006 年に「リュウゼツラン景観とテキーラの古い産業施設群」世界遺産として登録されました。 テキーラの原料はサボテンであると多くの日本人が誤解していますが、アガベ・アスールとサボテンは全く関係のない植物です。

アガベ・アスール畑の景観
アガベ・アスールとサボテン

千差万別の豊かなテイスト-樽熟成とテロワールが織りなすテキーラの芳醇-

樽熟成期間別テキーラの呼称

テキーラは、オーク樽で熟成するとテイストがまろやかになり香りも複雑になります。
樽熟成させる期間によってテキーラの呼称は以下のように規定されています。

● ブランコ Blanco(シルバー、プラタ、プラチナ、クリスタルなども同義)
  オーク樽による熟成をしないもの。または熟成しても 60 日未満 のもの。

● レポサド Reposado(休ませたという意味) ※ゴールドは同義ではない。
  最低 2ヶ月間 のオーク樽による熟成を経たもの。

● アネホ Añejo(熟成させたという意味) ※原音に近い「アニェホ」と表記されることもある。
  最低 1年間 のオーク樽による熟成を経たもの。オーク樽は 600L 以下のサイズであること。

● エクストラ・アネホ Extra Añejo ※原音に近い「エクストラ・アニェホ」と表記されることもある。
  最低 3年間 のオーク樽による熟成を経たもの。オーク樽は 600L 以下のサイズであること。

テキーラの色は、ブランコの無色透明からレポサドのストロー(麦わらの色)、アネホに多いマホガニー(木材の色)まで様々です。一般的に無色透明なブランコの中にも、透明度が低いものや、2ヶ月未満の短期樽熟成により若干色づいたものがあります。

テキーラの熟成に使用されるオーク樽の種類は、アメリカンオーク(ホワイトオーク)、フレンチオーク、ハンガリアンオークの新樽や、バーボンやジャック・ダニエルといったウィスキー、ワイン、シェリー、コニャック、テキーラ等の熟成に用いた中古樽など様々で、レポサド、アネホ、エクストラ・アネホの風味や香りに大きな影響を与えます。 オーク樽の容量は、新樽、中古樽を問わず 180Lのバーボンバレルサイズが一般的です。

熟成樽で長時間熟成されるテキーラのアネホ
テネシー・ウィスキー「ジャック・ダニエル」の中古樽

テロワールとは

テロワールとは、農作物の品種における土地特有の特徴を意味するフランス語で、ワイン等によく用いられます。テキーラにおけるテロワールは、原材料アガベ・アスールの大きさや調理方法、熟成に使用するオーク樽の種類に関する地方の傾向といえます。

テキーラの蒸留所のほとんどが所在するハリスコ州において、州都グアダラハラを中心に、60km 西の標高 1200m の谷を「バジェス(Valles)地方」、東の標高 2000m ほど高地を「ロスアルトス(Los Altos)地方」と呼びます。テキーラのテイストは、バジェス地方では辛み、苦味を効かせた香りと口当たりの強い伝統的なもの、ロスアルトス地方では甘み、旨みを好むスムースな口当たりのものになる傾向があります。
だだし、これらはあくまで一般的な傾向であり、東西のテロワールが交差することによってテキーラのテイストはさらに豊かになります。

ハリスコ州の「バジェス地方」と「ロスアルトス地方」

ハリスコ州の「バジェス地方」と「ロスアルトス地方」

「バジェス地方」の特徴と傾向


  • ● テキーラの名前の由来となったテキーラ村、御三家「クエルボ」「サウザ」「オレンダイン」を有する
  • ● ユネスコの文化遺産「リュウゼツラン景観とテキーラの古い産業施設群」は250 年の歴史を誇る
  • ● 死火山に囲まれた火山灰地質であるため水質がよい
  • ● アガベ・アスールの球茎部である「コゴージョ」を残す調理方法や新樽を用いた熟成方法
  • ● 辛みや苦味を効かせた刺激のある口当たり、香りの強い伝統的なテキーラのテイスト

「バジェス地方」の主なブランド

バジェス地方産テキーラの商品一覧へ

「ロスアルトス地方」の特徴と傾向


  • ● テキーラの生産地としての歴史は約 90 年で比較的新しい蒸留所が多い
  • ● 鉄分を含んだ肥沃な赤土の土地から糖分の多いアガベ・アスールが採れる
  • ● 発酵工程にアガベ・アスールを「タオナ」(石臼)で搾汁したに残る繊維「バガス」を加える蒸留所がある
  • ● 「バガス」を加えたテキーラの独特の香りや舌にピリピリ感のあるテイスト
  • ● アガベ・アスールの加熱に「アウトクラベ」(蒸気圧力釜)を用いる調理方法や中古樽を用いる熟成方法
  • ● 甘みや旨みの豊かでスムースな口当たりのテキーラのテイスト

「ロスアルトス地方」の主なブランド

ロスアルトス地方産テキーラの商品一覧へ

自由でユニークなボトル-見た目にも楽しい職人のハンドメイドなど-

テキーラのボトルには定型がなく、職人のハンドメイドによる工芸品も珍しくはありません。生産者が自社のテキーラのこだわりを表現するため自由にデザインしたボトルたちは、新しいものを追求するアーティストやクリエイターなどからも支持されており、その人気はテキーラのボトルコレクターが存在するほどです。個性的なデザインのボトルやカラフルで美しいボトルのテキーラは、お酒が好きな方へのギフトにおすすめです。

個性的なデザインのテキーラボトル


カラフルで美しいテキーラボトル


アガベ付録:テキーラの飲み方

テキーラの飲み方といえば、ショットグラスで一気飲みをイメージする人が多いのではないでしょうか?しかし、ショットで一気だけがテキーラの飲み方ではありません。飲み方のスタイルに正解があるわけではありませんが、伝統的な飲み方と飲み方の新潮流を紹介します。

伝統的な飲み方

メキシコで最も伝統的なテキーラの飲み方は、「カバジート(Caballito)」というグラスに注いで飲むスタイルです。カバジートはスペイン語で「小さい馬」を意味し、細長い形状をしています。塩とライムを用いる場合は、「塩→テキーラ→ライム」の順番に口にします。塩はテキーラの甘さを引き立て、ライムに含まれるビタミンCはアルコールから喉を守ります。具体的な手順は、以下の通りです。

  • 1. 手の甲の親指と人差し指の間をライムで濡らして塩をふる。
  • 2. 塩を舐めて塩分が口に残っているうちに、テキーラを一口飲む。
  • 3. テキーラが口に残っているうちに、くし切りのライムをかじる。
  • 4. 以上の1.から3.を繰り返す。

メキシコでは塩とライムと一緒に「サングリータ(Sangrita)」と呼ばれるチェイサーをテキーラに添えて提供します。サングリータはスペイン語で「小さい血」を意味し、トマトジュースをベースとしたノンアルコールのドリンクです。スペインやポルトガルでよく飲まれているフレーバードワイン「サングリア(Sangria)」とは全く別物です。サングリータのレシピはトマトジュースとオレンジジュースを1:1で合わせてライムを少々絞るのが基本ですが、お店や家庭にそれぞれ独自のレシピがあるそうです。

テキーラ、ライムジュース、サングリータをセットで飲むことを「バンデーラ(Bandera)」といいます。バンデーラはスペイン語で「旗」を意味し、テキーラの白、ライムジュースの緑、サングリータの赤でメキシコ国旗の3色になることが由来です。飲む順番は自由ですが、「テキーラ→サングリータ→ライムジュース」がおすすめです。テキーラの刺激をサングリータが和らげ、最後にライムジュースでさっぱりします。

飲み方の新潮流

ひと昔前のミクスト・テキーラは塩やライムがなくては飲みにくいものがありましたが、近年のテキーラは目覚ましい高品質化により塩やライムがなくても十分においしくなりました。特に100%アガベ・テキーラはむしろ塩やライムがない方が良いと感じる人も多く、「ウチのテキーラを飲むときには塩だけは使ってくれるな」と懇願する蒸留所もあるほどです。

北米ではロックグラスでオン・ザ・ロックやシャンパングラスでストレートを飲むスタイルが流行っており、テキーラの甘さや複雑な香りをゆっくりと楽しんでいます。樽による熟成を経たレポサドやアネホには特におすすめの飲み方です。ワイングラスの名門「リーデル RIEDEL」が、CRT公認のオフィシャル・テキーラグラスを発売したことからも伺い知れる新しい流れの1つです。

テキーラはカクテルのベースとしても大人気です。マルガリータは、近代カクテル発祥の地アメリカで最も注文数が多いカクテルと言われています。テキーラ・サンライズは、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーのお気に入りとして知られ、俳優メル・ギブソン主演映画のタイトルやイーグルスの曲名にもなっており、抜群の知名度を誇ります。メキシコではソーダ割りがテキーラの一般的な楽しみ方になり、自宅でも簡単に作れるカクテルです。グレープフルーツソーダで割るパロマ(パローマ)、コーラで割るメキシコーラ、トニックウォーターで割るテキーラ・トニック(テコニック)、ジンジャーエールで割るテキーラ・バックなど色々ありますが、最後にライムを絞ることが美味しく仕上げるコツです。

参考文献:林 生馬(2012) テキーラ大鑑 廣済堂出版

特集コンテンツ一覧

魅力あふれるメキシコの食文化を紹介、BAR-DE-MEXICOの特集コンテンツをCHECK!
  • メキシコの誇る高級酒「テキーラ」、その魅力とは?
  • コロナだけじゃない充実ラインナップ、メキシコビール
  • 400年を越える歴史、知る人ぞ知るメキシコワイン
  • 新橋ドンブランコ監修、メキシコ料理レシピVol.1
  •  ログイン

    カテゴリ一覧

    カレンダー

    2017年12月の定休日
    12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31
    2018年1月の定休日
    123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031

    ※赤字は休業日です